AUTOHOME・レジェンド

“私の名はニーノ・チラーニ、写真家です...”

Nino Cirani(ニーノ・チラーニ)は1926年イタリア・モデナで生まれました。
彼は建築学を学んでいましたが、むしろ写真家、ジャーナリスト、冒険家そして世界的な自動車ラリーストとして有名です。サハラ砂漠やアマゾンsの密林の中を、極めて厳しく時には非常に危険な状況でも、何千マイルもの距離を突き進むことで、彼はオフロード・ドライバーにとって伝説的な存在となりました。
旅によって持参する道具は様々でしたが、常に変わらないものが二つだけありました:一つはAZIZA(アズイツァ)と名付けたどこまでも走り続けるランドローバーともう一つは何時でも何処でも快適な就寝場所となるエアキャンピング・ テントでした。 Nino Cirani氏の様々な経験と提案を反映することにより、このカートップテントは最先端の人間工学に基づいた快適で、なくてはならない旅の道具となりました。

オートホームでは、Nino Cirani氏と彼が30年間使い続けたエアキャンピングテントに敬意を表して、今や伝説となった彼が採用したものと同じ色や技術的工夫をそのまま変えることなく現在でも採用し続けています。

アズイツァ3号はダリエンギャップを越えるためパナマのジャングルを激走中
ブラジル・アラグアイア川からインディアン・カラジャ族
エチオピア・コンソ族の少女
ボリビア高原・インディアンの女性
ケニア・アンボセリのチーター
タンザニア・セレンゲティのライオン
ボリビア高原・インディアンの女性
メキシコ・ユカタン州マヤ遺跡チチェン・イッツァ

伝説となる記録の数々

30年間で5大陸を車で走破;述べ500,000kmのオンロード、オフロード、道無き道を激走;エアキャンピング・ルーフテントで計2,000泊

それは1964年のことだった。恒例行事としてAir-Camping(エアキャンピング)テントをミラノのショーに出展させていると一人の男が私の前に現れた:
«私の名前はNino Cirani(ニーノ・チラーニ)…写真家です。私は仲間と一緒にランドローバーで旅をする計画を立てています。

アフリカ大陸全体を走り回ろうと考えていて、先ずはケープタウンから北上してカイロまで。そのあと北アフリカを西に横断するようにモロッコへ。そこからスペイン、フランス経由でイタリアに戻る予定です。私は写真撮影をしながらの今回の車旅にこのテントは最適な道具になると思っています。私たちの旅は非常に厳しいものとなるので最新の製品情報が欲しい... ».

この若い男の目は喜びに溢れていた。 私は直ぐにこの男が単なるテントを求めているのではなく,大きな夢を達成する為の装備を求めているのだと分かった。

Dott. Giuseppe Dionisio(ジュゼッペ・ディオニシオ博士)
エアキャンピングテントの発明者であり製造者

タンザニアにてニーノ・チラーニ氏 1964年
cartina-cirani
NINO CIRANI氏が走破した主な自動車ラリー
年代距離期間KM
1959ミラノ - ノース・ ケープ
通過国:10ヶ国
3ヶ月24.000
1962イタリア - シンガポール
通過国:13ヶ国
5ヶ月31.000
1963イタリア – 旧ソ連
通過国:7ヶ国
3ヶ月22.000
1964アフリカ大陸走破の旅
イタリア人初走破 - 通過国:17ヶ国
9ヶ月53.000
1968アラスカ - ティエラ・デル・フエゴ
イタリア人初走破。走行距離としても記録 - 通過国:18ヶ国
11ヶ月103.000
1972初のサハラ砂漠探査
通過国:8ヶ国
3ヶ月25.000
19732回目のサハラ砂漠探査
通過国:9ヶ国

4ヶ月32.000
19743回目のサハラ砂漠探査
イタリア人初ビルマの大砂漠を走破 - 通過国:7ヶ国
3ヶ月26.000
1975イタリア - セイロン
通過国:9ヶ国
9ヶ月52.000
19764回目のサハラ砂漠探査
世界初ファチからテルミト山まで - 通過国:6ヶ国
3ヶ月30.000
1977アフリカ大陸の旅
通過国:25ヶ国
12ヶ月55.000
1978オーストラリア – ニュージーランド9ヶ月45.000
19795回目のサハラ砂漠探査3ヶ月24.000
1980ノース・ ケープとアイスランド4ヶ月25.000
cina_04
1962年ミラノ-シンガポールラリーにて アズィツァ1号車
エチオピア・ジマにて森林地帯の泥濘にハマる アズィツァ2号車 ぬかるみはラリードライバーにとって大敵だ!
アメリカ大陸ツアーで活躍したアズィツァ3号車
“クラクラするほど眩く広大なオープンスペース
砂漠では猛烈に吹き付ける風が砂と混じり合い、車のフロントガラスをヤスリのように擦り続ける”

絶望的になるほど無慈悲に照付ける太陽、その辛く厳しい自然もやがて砂丘の上に不規則な線を描きながら地平線の彼方に消えて行く。
瞬間、あらゆるものが静止し、まるで生まれながらにそこで毎日生活していたかのように私の気持ちを和ませてくれる

Sull’Aziza si poteva trovare di tutto: attrezzi per riparazioni e per la cucina, taniche supplementari per il carburante, un piccolo frigo per conservare le pellicole fotografiche, una scure, piccone e badile. Ma anche un machete, un fucile e una pistola.
In queste immagini potete osservare l’Aziza 3, i lavori di preparazione richiesero 1500 ore.

すべては "Aziza(アズィツァ)号”の中に:
工具、調理道具、予備の燃料タンク、小型冷蔵庫
(写真フィルムの保存用)、手斧、ツルハシとシャベル
マチェーテ(短刀)、ライフル、ピストルまでも装備。
Aziza3(アズィツァ3号)のイラストをご覧ください
この車を完成させるまでに1,500時間を費やしました

ニーノ・チラー二氏は数々の有名雑誌に報道写真レポートを寄稿しています。

1973年、彼は自らの経験を綴った"The Car Rally(ザ・カーラリー)を出版;いつ・どこで・どうやって"(Domusドムス出版社)キャラバン旅行で成功するための準備、提案、説明などを図解入りのハンドブックにまとめています。

各装備は細心の注意を払って準備されました:彼のランドローバーに取付けた特装品の取付けやタンクなどを金属プレートで保護加工するような改造は全てミラノにある彼の友人Amedeo Gaian(アメデオ・ガイアニ)氏の工場にて行われました。

著書の中でCirani (チラー二)氏は遠征のために使用する車や必要な装備品をどのように準備したのかを詳細に記しています:ルーフテントはいかなる伝統的な道具よりも明らかに優れていると定義します。

油断して砂嵐に捕まる。全く何も見えなかった。そして我々はその嵐が治まったときほとんど全部砂に埋もれたAziza号を引張り出さねばならなかった。それは辛くとても大変な旅だったが、今はこれまで経験した中で最も美しい思い出となった。
ある日ナビアの砂漠にて、Abu Simbel(アブ・シンベル神殿)に向う途中、エジプト軍の巨大なトラックとすれ違った。運転していた兵士は私のランドローバーを見て、笑いながら"aziza”と言う。「aziza」はアラブ語で素敵なという意味があり、若く綺麗で魅力的な女の子に使う形容詞だ。こうして一連のAziza号は誕生した。
“ここでクロスカントリー走行は絶対に不可能だ。
34日間ずっと標高4,000mの馬しか通らないような断崖絶壁の悪路を旅した。僅かなミスが命取りになるそんなドライブだった。”

アラスカ - 「火の大地」ティエラ・デル・フエゴ:それは地地球上に設定できる最も長いルートだ。

それは最北端の地から全ての緯度を通過し最南端の地まで走破する旅であった。北極の氷から南極の氷へ。その間あらゆる気候を経て、途中赤道直下のペルー・ボリビアでは海抜より80mも低い地から標高5,000mの死の谷も通過

様々な国を回りながらの旅だったので我々が受けた税関チェックは実に64回にも上った。これは恐らく一回の旅行では記録ではないかと思う。

二枚の石を使ってトウモロコシを押しつぶし製粉しているウル族の女性。 村はチチカカ湖に作られた浮島
ペルーにて
ブラジルはマットグロッソ州、Txcahamel(チャカハメル)部族出身のインディアン
 

ミニチュアモデルの偉業

1970年、ニーノ・チラー二氏の冒険はメベトイズ社の関心を呼び、1/43スケールアズィツァ号のミニチュアモデルが完成されました。それはドア、ボンネット、ハッチバックが開くだけでなく、実際に装備した機器類まで正確に組込まれています。その屋根の上には追加のスペアタイヤとエアキャンピングテントまでもが再現されています。
ランドローバー"アメリカ大陸縦断ツアー”仕様モデルは現在でもマニアの間では人気で、1/43スケールと1/24スケールモデルの両方が今でもブラーゴ(イタリアのミニカーブランド)のカタログに用意され、購入可能です

我々が秘境の地で発見したものは、危険を冒し、努力を惜しまず、浅瀬を車で渡り、ぬかるみにはまってスタックしても余りあるほど価値あるものだった:
チチカカ湖、浮島で暮らすウロス族、氷に覆われた高い山群、ペルー・アンデスの先住民、風によって掃き清められたようなリビアの高地平原"puna(プナ)” さらには、インディオの色、地形が織りなす色や広大な空の色

標高4350mアルゼンチンとチリの国境に位置するアンデスの砂漠地帯
標高4300mのアンデス山脈、チリとアルゼンチンの国境付近のフロンティア地帯
ニーノ・チラー二 - アンデスにて

Questo sito utilizza i cookie per fornire la migliore esperienza di navigazione possibile. Continuando a utilizzare questo sito senza modificare le impostazioni dei cookie o cliccando su "Accetta" permetti il loro utilizzo.

Chiudi