プジョーはパリモーターショーにオーバーランドを採用


1898年に「国際自動車・自転車・スポーツ博覧会」として誕生し、後に「パリモーターショー」の愛称で呼ばれるようになった現在のル・モンディアルは、年間100万人以上の来場者が訪れる世界で最も重要な自動車ショーです。
2018年ショーのテーマは「Les plus belles routes du Monde」:世界一美しい道で、ヴェルサイユ宮殿万博に出展された新型プジョーの哲学にぴったりです。元々コンセプトカーとしてスタートしたリフターは、街乗りからオフロードまで、様々なシーンで楽しめるように設計されたMPV( マルチパーパスビークル)です。まさに世界で最も美しい道を旅するのに最適なモデルとなっています。
今回フランス車渾身の1台は、AUTOHOMEオーバーランド・ルーフテントを屋根の上に装備して発表。ドライブとアフター・ドライブの楽しさ、快適さをアピールしました。ジュネーヴ・モーターショーでも、オーバーランド・ルーフテントを装備した4WDコンセプトカー「リフター」が展示されました。プジョーとオートホームの完璧なコラボレーションで、プジョーがイメージするユニークな配色と仕上がりのオリジナル・ルーフテントが誕生しました。

リフターはあらゆる状況下においても使用できることをコンセプトにしています。今回オーバーランドを装着したことで、更なる限界を越えた楽しみを付加させることができました。日没も気にすることなくドライブできたり、数日かけての長旅を可能にします。仮に近くに宿泊施設がなかったとしても、オーバーランドがあるので安心です。オーバーランドはわずかな時間で、2人の快適な住居となり、リラックスした夜の眠りを提供します。

オートホームは世界で初めてルーフテントを発明し、すでに60年以上の実績と経験を積み上げ、様々な車や環境に最適なルーフテントをご提供できるよう幅広いラインナップを用意しています。

Questo sito utilizza i cookie per fornire la migliore esperienza di navigazione possibile. Continuando a utilizzare questo sito senza modificare le impostazioni dei cookie o cliccando su "Accetta" permetti il loro utilizzo.

Chiudi