MINI COUNTRYMAN

ダカールコースを走る


ダカールラリーは、今なおその名の由来となった叙事詩の名を冠していますが、実際はすでに11年連続南米で開催されています。そして第41回大会は、ダカールラリー史上初となるペルー1カ国開催となりました。サハラ砂漠の砂丘とは比べ物にならないほどのコースで、走行距離は短いものの約7割が砂丘という、ドライバーにとっても車両にとっても世界一過酷なラリーとなりました。2019年1月6日に首都リマを出発し、10箇所の厳しいステージを経て2019年1月17日に到着。 一方、ラリー観戦、冒険旅行が好きな人にとっては、実際のレースのサイドイベントも同様に興味深いものでした。とりわけ、MINIカントリーマンSDを運転してダカールラリーの足跡をたどり、ペルーを探索するという企画は際立っています。MINIの小艦隊は、MINI4x4と2WDバギーで参戦しているミニX-raidチームのクルーが待機する場所で共に過ごしました。仮説宿泊施設・ビバークでの彼らとの交流は夢のような一時でした。そしてもう一つ今回快適な旅を過ごせたのもMINIカントリーマンSDの屋根の上に装備した高品質ルーフテント・AUTOHOMEのお陰であったことも決して見逃せません。
> Official Video Quattroruote

Questo sito utilizza i cookie per fornire la migliore esperienza di navigazione possibile. Continuando a utilizzare questo sito senza modificare le impostazioni dei cookie o cliccando su "Accetta" permetti il loro utilizzo.

Chiudi