Aziza(アズィツァ)号

ニーノ・チラーニ氏は数々の有名雑誌に報道写真レポートを寄稿しています。
1973年、彼は自らの経験を綴った”The Car Rally(ザ・カーラリー)を出版;いつ・どこで・どうやって”(Domusドムス出版社)キャラバン旅行で成功するための準備、提案、説明などを図解入りのハンドブックにまとめています。
各装備は細心の注意を払って準備されました:彼のランドローバーに取付けた特装品の取付けやタンクなどを金属プレートで保護加工するような改造は全てミラノにある彼の友人Amedeo Gaian(アメデオ・ガイアニ)氏の工場にて行われました。
著書の中でCirani (チラーニ)氏は遠征のために使用する車や必要な装備品をどのように準備したのかを詳細に記しています:ルーフテントはいかなる伝統的な道具よりも明らかに優れていると定義します。

すべては “Aziza(アズィツァ)号”の中に:工具、調理道具、予備の燃料タンク、小型冷蔵庫(写真フィルムの保存用)、手斧、ツルハシとシャベル。マチェーテ(短刀)、ライフル、ピストルまでも装備。Aziza3(アズィツァ3号)のイラストをご覧ください。この車を完成させるまでに1,500時間を費やしました。

Nino Cirani a publié de nombreux reportages photographiques sur les revues les plus prestigieuses. En 1973, il a raconté ses expériences dans un livre (“Le raid automobile. Comment, où, quand.” Édition Domus), un livre plein de conseils et d’illustrations pour affronter au mieux un raid d’aventure.
L’équipement était préparé méticuleusement:
son 4×4, où toutes les parties mécaniques et
les réservoirs étaient protégés par des plaques métalliques, était modififié personnellement dans le garage de son ami Amedeo Gaiani à Milan.
Cirani décrit longuement la préparation de la
voiture et des accessoires necessaires à l’expédition: la tente de toit est considérée supérieure à tout autre produit traditionnel.

On pouvait trouver de tout Sur l’Aziza: des outils pour toutes sortes de réparation et des instruments de cuisine, des bidons supplémentaires pour le carburant, un petit frigo pour conserver les pellicules photos, une hache, un pic, une pelle. Mais aussi une machette, un fusil et un pistolet.
Sur ces images, vous pouvez observer l’Aziza 3, dont les travaux de préparation ont requis 1500 heures de travail (仏)

カテゴリー: エアキャンピング | コメントする

ZIFER展示即売会 in WILD-1東北シリーズ

4月1日(土)〜2日(日)の二日間は、すっかり恒例となりましたがキャンプ用品総合ショップWILD-1仙台東インター店(土曜)、郡山店(日曜)にてZIFERカートップテント春の大商談会を開催します❗️
今シーズンこそ車上泊デビューと考えている方は、絶好のチャンスですのでこの機会をどうぞお見逃しなく‼️
初日
日  程:4月1日(土)10:00 ~ 17:00
展示会場:WILD-1仙台東インター店駐車場内
住  所:宮城県仙台市宮城野区鶴巻1-22-55
電  話:022 254 8780
問合せ先:03 6276 2602(ジファージャパン)

最終日
日  程:4月2日(日)10:00〜17:00
展示会場:WILD-1郡山店駐車場内
住  所:福島県郡山市大槻町字針生西11-1
連  絡:024 931 5180
問合せ先:03 6276 2602(ジファージャパン)

○展示品購入をご希望の方は、予め市販のシステムキャリアをご用意下さい。
(キャリアバー長さ:S=124cm以上、M=142cm以上、黒い角パイプ型。キャリアフット部分が突起していないモノを選んで下さい)
○お客様もご一緒にテントを取付けますので工賃はいただきません。
○展示品現物販売なので送料サービス
○お支払い方法はクレジットカードか現金となります。
○WILD-1会員の方はお買い物ポイントが加算されます。
○キャリア等ご不明な点や展示品についてのご質問は下記のジファージャパンまでお問合せ下さい。
○展示即売は現品なくなり次第終了させていただきます。
○悪天候時中止

カテゴリー: AUTOHOME通信 | コメントする

世界からの評判 23

偉大なる逃避行
«AUTOHOME製品は様々なフィールドで試されてきました。 この50年、探検家、レポーター、写真家、そして熟練した旅人達が常に実用的で建設的なアドバイスをしてくれた結果、世界的に通用するカートップテントを開発、改良することができました。

The Great Escape
“Unglaubliche Fahrzeuge die von außergewöhnlichen Personen gelenkt werden” so wurde Land Rover in einer Werbung angepriesen. Patricia Fehr und Germain de Cordoba aus Buenos Aires: ein Unterfangen quer durch Amerika, auf der Suche nach den Wurzeln und der Identität Amerikas. (独)

カテゴリー: AUTOHOME通信 | コメントする

AZIZA 1

“クラクラするほど眩く広大なオープンスペース:砂漠では猛烈に吹き付ける風が砂と混じり合い、車のフロントガラスをヤスリのように擦り続ける。”
絶望的になるほど無慈悲に照付ける太陽、その辛く厳しい自然もやがて砂丘の上に不規則な線を描きながら地平線の彼方に消えて行く。
瞬間、あらゆるものが静止し、まるで生まれながらにそこで毎日生活していたかのように私の気持ちを和ませてくれる..

“The big dazzling open space: the Desert, where the wind sometimes blows so hard that, mixed with sand, it succeeds in grinding the windscreens of cars”
Where the sand dunes with their marvellous squiggles disappear beyond the horizon, under a hopeless and merciless sun, that hard, demanding nature, where everything is strictly motionless and essential, made me feel perfectly at ease, as if I was born and
had always lived there..

カテゴリー: エアキャンピング | コメントする

世界からの評判 22

Ken Iida(飯田・謙一郎)オートキャンパー編集者との写真 – 東京 – 彼はある貿易会社に身を置き、AUTOHOMEシリーズを日本中に普及させることに貢献し成功した人です。“…イタリアで作られたオリジナルAUTOHOME製品の品質と信頼性の高さをすべての人々に伝えて行くことが私の仕事です。”(現在は独立し、個人で事業を継続させています)

Ken Iida, nella foto con Y. Asai – Tokio – Appassionato di viaggi e avventura è responsabile commerciale di una importante azienda che opera nel settore. In sintesi è il personaggio che ha contribuito al successo di Autohome in tutto il Giappone. “…Per la qualità e l’affidabilità dimostrata consiglio a tutti i miei clienti gli originali prodotti Autohome Made in Italy” (伊)

カテゴリー: AUTOHOME通信 | コメントする

東北キャンピングカーショー出展します❗️

3月18日(土)、19日(日)、東北地域最大のキャンピングカーショー
“東北キャンピングカーショー2017” 夢メッセみやぎで開催!

東北キャンピングカーショー2017実行委員会は、2017年3月18日(土)~19日(日)の2日間、夢メッセみやぎ(宮城県仙台市宮城野区港3-1-7)にて、100台超のキャンピングカーが展示される東北最大規模の『東北キャンピングカーショー2017』(URL: http://www.rv-show.jp/)を開催いたします。
一年に一度開催される、東北地域最大のキャンピングカーの展示商談会です。
2017年モデルのキャンピングカー、最新輸入キャンピングカーが東北初披露されます。

東北キャンピングカーショー2017」開催内容
会期:3月18日(土)・19日(日) 10:00~17:00
会場:みやぎ産業交流センタ— 夢メッセみやぎ(TEL.022-254-7111)
出展数:2016年実績 車両小間数 91小間

内容
キャンピングカーの展示・販売、企業情報コーナー、各種物販、ペット、 アウトドア用品の展示・販売、ステージアトラクション・チビッコプレイコーナー 他
入場料
【前売券】一般(高校生以上)/500円 【当日】一般(高校生以上)/800円
★小人(中学生以下) 入場無料
※障害者手帳をお持ちの方と介添人の方1名様無料
※くるま旅クラブ会員証をご提示の方は2名様まで無料
主催
東北キャンピングカーショー2017実行委員会・TBC東北放送
協力
月刊オートキャンパー・キャンプカーマガジン・Cuun(予定)

カテゴリー: AUTOHOME通信 | コメントする

THE LEGEND レジェンド

伝説となる記録の数々
30年間で5大陸を車で走破;述べ500,000kmのオンロード、オフロード、道無き道を激走;エアキャンピング・ルーフテントで計2,000泊

それは1964年のことだった。恒例行事としてAir-Camping(エアキャンピング)テントをミラノのショーに出展させていると一人の男が私の前に現れた:« … 私の名前はニーノ・チラーニ写真家です…私は仲間と一緒にランドローバーで旅をする計画を立てています。
アフリカ大陸全体を走り回ろうと考えていて、先ずはケープタウンから北上してカイロまで。そのあと北アフリカを西に横断するようにモロッコへ。そこからスペイン、フランス経由でイタリアに戻る予定です。私は写真撮影をしながらの今回の車旅にこのテントは最適な道具になると思っています。私たちの旅は非常に厳しいものとなるので最新の製品情報が欲しい… ».
この若い男の目は喜びに溢れていた。
私は直ぐにこの男が単なるテントを求めているのではなく,大きな夢を達成する為の装備を求めているのだと分かった。
ジュゼッペ・ディオニシオ博士
エアキャンピングテントの発明者であり製造者

Tous les chiffres de la légende
30 ans de raids extrêmes dans les 5 continents;
500.000 km de route, de pistes et de hors pistes;
2.000 nuits dans la tente Air-Camping..

C’était l’année 1964, et comme tous les ans je me trouvais au Salon de Milan où j’exposais la tente Air-Camping, lorsqu’une personne s’est présentée: «… Je m’appelle Nino Cirani et je suis reporter photographe: je suis en train d’organiser un voyage avec ma Land Rover et une autre Land d’amis.
Nous devons traverser toute l’Afrique de Cap Town au Caire, puis longitudinalement toute l’Afrique du Nord jusqu’au Maroc, avant de retourner
en Italie par l’Espagne et la France. J’aime particulièrement la perfection, et je voudrais que ma tente soit adaptée à mon activité de photographe. Je souhaiterais avoir quelques renseignements supplémentaires car notre voyage sera vraiment très dur…».
Une joie immense pétillait dans les yeux de ce jeune homme. J’ai immédiatement compris qu’il ne recherchait pas une simple et banale tente mais plutôt un instrument pour réaliser ce grand rêve.
Dr. Giuseppe Dionisio
Inventeur et fabricant de la tente Air-Camping (仏)

 

カテゴリー: エアキャンピング | コメントする

世界からの評判 21

Moni & Hagi Ehrismann(モニ&ハギ・エーリスマン) – スイスにて – 旅行愛好家や熟練した旅人に向けてグループ旅行を企画案内しています。 “…私達は全ての友人にAUTOHOMEテントを使うべきだと勧めています! それは、旅中で困らない唯一の方法です。楽しい旅をして下さい。そしてぐっすり寝て下さい!”

Moni & Hagi Ehrismann – Schweiz – Begeisterte sowie erfahrene Reisenden organisieren Gruppenexpeditionen. “…Wir raten allen Freunden von uns ein Autohome-Dachzelt! Nur damit können Sie unbesorgt reisen! Wir wünschen eine gute Reise und süsse Träume!”(独)

 

カテゴリー: AUTOHOME通信 | コメントする

“私の名はニーノ・チラーニ 写真家です…”

ニーノ・チラーニ氏は1926年イタリア・モデナで生まれました。彼は建築学を学んでいましたが、むしろ写真家、
ジャーナリスト、冒険家そして世界的な自動車ラリーストとして有名です。サハラ砂漠やアマゾンの密林の中を、極めて厳しく時には非常に危険な状況でも、何千マイルもの距離を突き進むことで、彼はオフロード・ドライバーにとって伝説的な存在となりました。

旅によって持参する道具は様々でしたが、常に変わらないものが二つだけありました:一つはAZIZA(アズイツァ)と名付けたどこまでも走り続けるランドローバーともう一つは何時でも何処でも快適な就寝場所となるエアキャンピング・ テントでした。 ニーノ・チラーニ氏の様々な経験と提案を反映することにより、このカートップテントは最先端の人間工学に基づいた快適で、なくてはならない旅の道具となりました。

オートホームでは、ニーノ・チラーニ氏と彼が30年間使い続けたエアキャンピングテントに敬意を表して、今や伝説的存在となった彼が採用したものと同じ色や技術的工夫をそのまま変えることなく現在でも採用し続けています。

Nino Cirani was born in Modena in 1926.
Although he graduated in Architecture, he was renowned as a photographer, journalist, explorer and protagonist of car rallies around the world. Eating up thousands and thousands of miles, from the deserts of the Sahara to the forests of Amazon, in extreme and sometimes very dangerous conditions, he became a legend to all Land Rover drivers.

Throughout his journeys his travel companions varied, but there were two constants that never changed: his unstoppable Land Rover, named “Aziza”, and his Air-Camping tent. Thanks to the experiences and suggestions of Nino Cirani, the Car-Top Tent is now a state-of-the-art, ergonomic, comfortable and practically indestructible tent.

Today Autohome honours Nino Cirani with the tent that has been with him for 30 years, with the same colours and the same technical innovations adopted by the man who made it a legend. (英)

カテゴリー: エアキャンピング | コメントする

ZIFER展示即売会 in WILD-1多摩ニュータウン店

 2月25日は久しぶりにWILD-1多摩ニュータウン店にて1日限りの展示即売会を開催します!この地区ではゴールデンウィーク前最後のイベントとなりますので、以前からご検討中の方はこの機会をどうぞお見逃しなく!!

展示会場:WILD-1 多摩ニュータウン店駐車場内
開催時間:2月25日(土)10:00~16:30
住  所:東京都八王子市南大沢1-22-16
電  話:042-670-7550
お問合せ:03 6276 2602(ジファージャパン)

○展示品購入をご希望の方は、予め市販のシステムキャリアをご用意下さい。
(キャリアバー長さ:S=124cm以上、M=142cm以上、黒い角パイプ型。キャリアフット部分が突起していないモノを選んで下さい)
○お客様もご一緒にテントを取付けますので工賃はいただきません。
○展示品現物販売なので送料サービス
○お支払い方法はクレジットカードか現金となります。
○WILD-1会員の方はお買い物ポイントが加算されます。
○キャリア等ご不明な点や展示品についてのご質問は下記のジファージャパンまでお問合せ下さい。
○展示即売は現品なくなり次第終了させていただきます。
○悪天候時中止の場合あり

カテゴリー: AUTOHOME通信 | コメントする